クックパッド上位検索の設計から見たクラウドファンディングについての考察

みなさま こんにちは。名古屋のパートナーズブレインの渡辺です。

また久しぶりの投稿になってしまいました・・・。
今日はこのようなものがクックパッドから送られてきたので、ふいに思い出して書いています。

クックパッド 簡単 パンケーキ 検索

こちら、実は今日が初めての掲載ではなく、こんな履歴があります。
*2017.1.25クックパッドニュースに掲載♪
*2017.1.27LINEクックパッドニュースに掲載♪
*本日2017.2.25「簡単パンケーキ」の検索TOP10入り♪ちなみに検索上位4位です。

そして、こちら公開したのは2014/10/12。
今日現在のデータで、アクセス数: 42636
MYフォルダに保存してくださっている方が716人
つくれぽ(作った感想)9件、印刷71枚 となっています。

***************************

このレシピ、実はちょうどこのころクラウドファンディングに興味を持っていて、いろんなプラットフォームがある中で、「何を基準に選択したらよいか」といういくつかの視点の中の1つとしてWEBマーケティング的な視点を個人的に調査分析していた時に実験的にUPしたものでした。

その時はクラウドファンディング業者を①主催者の意図②プラットフォームのアルゴリズム③プラットフォーム外への影響度(情報の拡散度)などなどで分類し、対象となる商材や成功の定義(目標金額達成で良しとするのか、商品化で良しとするのか、事業化まで目指すのか)によって適材適所使い分ければいいのではないかと思っていたのです。

その中で、さまざまなセミナーに参加し、どの方法が、どのプランットフォームをどう使うと一番効果的なのだろう?(売れるのだろう?に近い感覚)とそこでいろいろな方々の取り組みを見せて頂きながら一番気になっていたのが、WEBマーケティング見地でして、要するに「プラットフォームごとにいる人が異なるはずだから、そこに誰がいるかをしっかり見て市場を選択し、そこにいる人に響く商品をその人たちに響く言葉で伝えなければ、売るにもマーケティングリサーチとして活用するにも難しいのではないか?」ということでした。

これは実店舗のエリアマーケティングでも基本的に同じだと思うのですが、その市場に商圏にそもそも顧客になると思われる見込み客がどれくらいいるのかわかっているのか??と思ったのです。
当時、とりあえず出しちゃう感じで、意外とそこに着目していない人達多かったのです。

そもそも20代半ばのOLが主な住民ってわかっているのに、60代男性向けの商品をどう頑張って売ってもそこそこしか売れないでしょうし、そこで得られたマーケティングデータも使い勝手がよくないデータになるのではないかと思いました。

まあ、そもそもクラウドファンディングって最初から「誰を喜ばせる」とか顧客を決めずに、漠然と共感者をそこでなんとなく探す的なものも多いので、そういう感覚、そういう楽しみ方をしたいのであれば話は別なんですが・・・。

私の中には当時そういう感覚がなくて、せっかくのチャンスがもったいない気がする・・・・と。
私は仕事上結果(売上)を求められることが多かったので、ついそういう考え方(先に勝算をたてる的な)をしてしまうワケなんですけど・・・(どちらがいいとか悪いとか、正しい正しくないの話ではありません)

あと、個人的には、たくさんの方に喜んで欲しいから、知って欲しいから、売れる方法考えるんだよね?

自分の為でなく、使う人の為にやるんだよね?

それが本気だったら、やっぱ売るよね?売って、売れてなんぼだよね?とも思っていたから。
そして、そもそもネットに公開して売るのであれば、手売りしなくても勝手に売れていくだけの、しっかりした商品づくり&シンプルな情報提供が必要ではないかとも思っていました。(どこまで届けるかで見極める必要があると思いますが)

が・・・私は自分でクラウドファンディングをするには至らず、外野からものを言う立場でしかありえないけれど、言う立場も作れず。。。
調査研究するのは面白いんだけど、結果を共有することも、発表することもないなと思い、それ以上研究?することもなくなりました。

でも、なんだか悶々としていて、ふとではクックパッドでプラットフォーム内のマーケティングを試してみようと思いつき、チャレンジしたのが先のレシピ開発でした。すごい論理の飛躍ですよね!!(笑

でも、自分でやってみて成果出せないと納得できない私(^^;) 

このチャレンジをするにあたり・・・
①いつも(季節感なく)キッチンに微妙に残っていたりする材料で
②工数が少なく簡単そうで
③見ただけで味が想像できて
④誰でも安定した味が再現できそうで
⑤見た目がオサレ&美味しそうで
⑥簡単+今時人気のキーワードのタイトルで
レシピを作れば結構数字取れるんじゃないか?

という仮説のもと、自分の覚え程度に何も仕込まずUPしたレシピと、クックパッドユーザーとSEOを最初から意識して作り込んでUPしたレシピで、どれくらい数値が変わるのか試したものでしたが、効果は歴然。
UPした当初からこのレシピだけ抜群に数字伸ばしてたから、実験成功!って思っていましたが、今頃ここまで伸びるとはさすがに想定外でした。

これは、クックパッドのサイトの価値設定と仕組みづくりが徹底していた為、マーケットが読み切り易かっただけだと思うのですが、なかなかのHITになりました。

でも同様なレシピはネット上にもクックパッドにも何十も上がっている中で、そして4年後に(笑)こうして選んで頂けるとは思ってなくて、(たぶん、写真が良かった)純粋にこれは嬉しかったです^^
 今回やってみて、やはりこのように、クラウドファンディングの各プラットフォームの仕組みによって、またそこに載せる情報整理によって何かに差がでるのではないかという気は否めませんが、個人的にこれですっきりしたのでこれ以上言及することはありません。

これからまたどんどんクラウドファンディングに参加される方は増えると思いますので、何か参考になりましたら幸いです。

ところで話は変わりますが、私は今までこうしたマーケティング的な見地から、いろんなお仕事をさせて頂いてきたのですが、実は今回でそういう立ち位置で市場をみてゆくのをやめようと思っています。

これからは、ちょっと数字から離れて市場を感じてみたいと思っています。
また、そんなことも事例ができましたところでお伝えしてゆきますね。

広告

海外進出

名古屋で新規事業開発&マーケティングのサポートを行っているパートナーズブレインの渡辺です。

数年前に、知人が海外進出の夢を語る姿を見ながら「いいなぁ…私もそんな事できたらやってみたいけど、私にはできないから、頑張ってやりとげて!」とその方の応援団をしていた私なのですが、気づけば私の周りにも海外進出を目指す方が増えておりまして、最近は少しずつ海外の情報を集めております。
海外で事業を作るのと、国内で作るのとでは、基本的なことはなんら変わりません。

異なるのは、ローカルルールと価値観、国によっての日本人との親和性の差など。

観光や移住で行くのとビジネスでは全く異なるので十分なリサーチとシュミレーションが必要です。

でも、海外進出において一番大事なことは、現地のコミュニティに人脈があるかどうかとその人脈の質。

今、現実的な仕事でいくつかの国を調べたり、必要な人脈をリサーチしたりしていますが、やはりどこの国も同じですね。

たとえば、Facebookなどシリコンバレーで一躍有名になった会社が、なぜ成功したかというと、やはり先に地域にすごく貢献したから、その地域に支えられることができたのだと聞きます。

名古屋の土地柄にも似ている話だなと私なんかは思ってしまうのですが…
国内海外に関わらず、こじんまりせず、たくさんの方々を巻き込み、たくさんの方々に支えて頂き、たくさんの方々に貢献できる事業は困難も多いかもしれませんが、皆で乗り越える楽しみもあります。

ぜひ、しっかり準備して、大きな夢にもチャレンジして頂きたいと思います。

リニューアルしました。

HPのリニューアルに伴い、先回からの空白の間違うブログにいろいろ書き溜めていたのですが、そのサイトが急に閉鎖になり、こちらにお引越しさせようと思っていたのにできなくなってしまいました(涙

きっとそこに書いてあったことはすでに用がないということなのだろうと、これからはこちらを更新してゆこうと思います。

 

数年前に比べると少しずつ私の興味の対象も変わりつつあります。

それでも変わらないことは、事業という物は、その人の人生の一部であるというベースです。
その人の人生の中の一部として、成長率が少なくとも、できるだけ長く利益が入り続けるような事業を構築してゆきたいとの想いは変わりません。

こういうのを市場に出してみたい。

ちゃんレンジは素敵だと思います。

でも、それ誰のための事業ですか? 

家族も社員を巻き込んで、それでもあなたが一生かけてやりたいと思える仕事ですか?

それで、お客様や自分や家族や社員や関わってくださる方々は幸せになりますか?

これからは、たくさんの人がつながって、共に豊かになつてゆくものが残るのではないかと考えています。

市場を奪い合う時代は終わりました。 いえ、正確にいうとそういったシステムは崩壊しつつあります。

これからの時代をつくるものは、おそらく昔の日本の商システムなのではないかと思います。

それは、たくさんの人々が関わりあって、少しずつ豊かさを分かち合う調和の世界です。

一人勝ちの世界の中には、幸せも豊かさもありません。

だって、それらは分かち合う誰かがいて感じることだから。

 

さまざまな新規事業の立ち上げや、個別相談や、勉強会やワークショップの参加を通して、ますます「安心安定した長く続く(目安として10年)事業を作る」という気持ちが固まってまいりました。

共存共栄、共に豊かに、共に幸せに。

すぐお金になることはないかもしれませんが、この先も長く自分とお客様と共に成長を楽しめる事業つくりのお手伝いができればよいなと思っております。

ますます精進致します。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

Iotの2つの類型【電子工作系】

先回【ビッグデータ系】を書きました。

名古屋で新規事業企画と経営相談を行っているパートナーズブレインの渡辺です。

今回は【電子工作系】についてです。

私は最初こちらに関わらせて頂き、それでもっと深く知りたくなって、いろいろ情報収集をするようになりました。

この型は本当に読んで字のごとく「モノのインターネット」です。

既存の、または新しい「モノ」にIT技術を付加して新しい価値を創造し、生活をより豊かにしたり、便利にしたりする、比較的小さなモノを用い小規模な事業となります。

たとえば、時計やインテリアグッズなど、によくみられます。

これらの中にも類型があり、
1)その「モノ」からデータを回収し、そのデータを何かに転用する
2)その「モノ」が楽しい・便利(データ回収なし)
大きくこの2つに分けられるように思います。

スタートアップ系でよくみられるのは1)で、スマホに連動させ、アプリに何かさせる系な感じでしょうか?

ここで私が感じることとして、やはりデータは強いなということがあります。

電子工作系でも、1)のデータが関わる方が市場規模が大きかったり(グローバルに行ける)、商品化したのちの展開に可能性(広がり)がある、という側面が大きく、したがってVCなどからの出資も見込みやすいと言えます。

ただし、先回お伝えしたようにやはりデータ取ったもののその行き先が明確でなかったり、それっている?というようなデータ収集ツールではダメなわけですけどね。

反面、2)のモノづくり系は、「自分や自分の周りのが欲しいもの」を商品化し、「その周りの趣味・好みが似た人」に広げてゆく感じなので、デザイン性や楽しさは1)に勝るものが多いのですが、マーケットの予測や先の展開の予測がつかず、なかなか融資や出資が受けにくいという状況が多いように思えます。

また、その制作プロセスも微妙に異なり、良い悪いではないのですが、

1)の場合は比較的
・「誰の何の為」が明確であり
・売り手と使い手両方が明瞭に見えており
・作り手の最小限の意図はあるが、相手にとっての製品の最適化を優先する
・事業として経営計画がある
・何かの問題解決の手段であることが多い

2)の場合は比較的
・「誰・何」より自分の快や伝えたい想いが強い
・事業という意識や長期的視点が希薄
・ニーズやマーケットにあまり興味がない
・モノを形にしてから売り先を探す
・趣味的でお金になりにくいと言われてしまう
・一部のコアなファンが濃くつきやすい

など、やはりモノづくりから入ると、従来のモノづくりが今厳しい側面を見せているのと同様な問題点を伺知ることができます。(実は、サービス業・小売業でも同じことが言えるんですけどね)

でも、裏返せば少し「モノ」と「作り手」から離れてここを強化?することで共感が得やすくなり、出資やクラウドファンディングの成功率を高めることもできますし、ニッチなマーケットからはじめて時間をかけてゆっくり広げてゆくことも可能です。

事業を行うつもりなのか、モノを作るつもりなのか?
他者のためか、自分のためか?

どちらが正解でもなく、どちらも成り立つのですが、最終的に自分はどうしたいのかがわかっており、そこに行けることが大事ですね。

次は後日になりますが、これらの中で現状お金になりにくい・・・と思われる取組みをお金にするには?!を書いてみたいと思います。

なかなかまとめるのって難しいので、もしわかりにくかったり、ご質問などあればお気軽にどうぞ♪

Iotの2つの類型【ビッグデータ系】

前の記事でIotを【ビッグデータ系】と【電子工作系】の2つの類型に分けたことを書きました。

名古屋市で新規事業企画書作成支援や経営相談を行っている渡辺です。

今回は【ビッグデータ系】について、少し補足してみたいと思います。
書きたいことはたくさんありますが、この書式では表現しきれないので、何かご質問のある方は別途お尋ねくださいませ。

まず、ビッグデータ系は合理化志向であり、問題解決手法の1つでもあると書きました。

ですので、ここで最も重要なことは「何の為にやるのか」ということです。
まあ、どんな事業でもそうなんですけど・・・^^;

そこを踏まえた上で、
「データを収集する仕組み」+「データ分析の仕組み」を構築してゆきます。

ですから、新規事業の案件というよりは、最初にすでに事業がある場合が多くそこで「何が問題であるか」の問題点の抽出が最重要キーとなります。

そして、データ収集の「仕組み」を構築するのですが、そこに「モノ」の正体がありません。
いわゆるデータを収集し、どこかへ飛ばす仕組み、そして分析するソフトが必要となり、それらのしくみ構築がここでいう「Iotモノのインターネット(化)」ということになります。

これらの仕組みづくりは、直接大きく自社の利益に反映されるものが多く、いわゆる重要な企業戦略の1つであるということができます。

たとえば、そのような仕組み構築により、顧客の動きを把握し、顧客の流れを作る、最適化する、新しいニーズを知る、ロスを減らす、新しいコミュニティをつくる、など今まで見えなかったものを見える化することで、さまざまな打ち手も見えてくるということです。

こういった仕組みを取り入れることは、企業規模に関わらず、少し先を見ての安定した戦略構築の為には必要ではないかと思います。

ただし、「問題点の洗い出し→課題の掘り起し」がうまくできていない場合は、お金をかけた分無駄になってしまう可能性もあるということがいえるでしょう。

でも、実はそこがデータ分析のツボでして、、、
1)何を知りたくて行うのか
2)どこから持ってきた数値を入れるのか

この2点がきちんと立っていないとどんな分析も結果が出ず、戦略立てても無駄になってしまうので、皆様お気を付け下さいね。

また余談ですが、某セミナーでこれらを取り入れ実績をだしている企業様の事例発表で「データを分析していくと、社内の慣れた人の感と分析結果があんまりかわらなくなる」というお話も付け加えておきますね!

この仕組み構築には、人事的な要素つまり、社内の人的仕組み構築が必要な場合もあります。

【ビッグデータ系】には、実は小規模でよいのでこのエッセンスを中小企業の皆様が取り入れると合理化できて良いかも!と思われる部分と、ここに入り込んでいけるかも?!と思われる部分と2つのお得要素があるんです。

もし何かご興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせくださいませね。